多動児の人生

『こんなの病気じゃない』と発達障害児へ平気で怒鳴りつける指導者が、あの頃は本当にいました。

ここ近年のはなしだけれど

発達障害児などのハンディキャップを抱えている人へ対しての配慮が囁かれてきています。

 

テレビなんかで特集が組まれているのを頻繁に見かけたり

芸能人がカミングアウトしたりなんかして。

 

医療の発展とともに発達障害ADHD自閉症スペクトラムなどのワードを耳にするようになりましたね。

 

当事者の方以外は、いまいちピンとこないかもわかりませんが

そんな病の人が世の中にいるんだな

程度には認識が出来ているのではないでしょうか?

 

これは10年程前の話

ちょうど息子のADHDの診断をうけたころ

私たち当事者としては、生きずらい、育てづらい、という悩みへの理由が判明して

診断名があるということに、とても喜んでいたのです。

今まで上手く周囲と馴染めなかった理由

それがわかった。
関わりのある人たちに伝えなければ、

なんて

次のステップへ動き始めた私たちは

すぐに絶望の底へ突き落とされることとなる。

 

誰も信じない

 

そんな現実が待ち受けていたのです。

 

そんな病や診断名を知っている人がこの国にはほとんどいなかった

それが現実でした。

 

周囲の声
周囲の声
ただの思い込み

子育てが上手くいかない言い訳

苦しんでいる当事者にはとてもキツイキツイ言葉を聞くことになります。

なんの悪気もなく、それを言い放つその興味なさげな人たちの表情

今でも思い出すと心が震えるのです。

 

教育関係者は、一応は聞いたことはある程度の反応を示すので

一般人よりは、とりあえずマシだったのかもしれないけれど。

 

知ったかぶり

 

だということを知ることになるのは割とすぐのこと。

 

でも仕方がないんです。

 

まだ日本自体に知識が浸透していなかった

そんな時代だったから。

 

頭を悩ませ、懸命に向き合ってくれる教師もいました。

今でも頭があがらないです。

 

逆に、どうしても受け入れられないという教師もいたんです。

そんなの病気のわけがない。

 

ただの怠けだ!

なんて怒鳴るんですよ。

ADHDの子供に対して、自分の感情を思いっきりぶちかましたりするんだから

何も解決なんてしないのです。

 

その方が担任の年度は、パニックになって行方不明になった息子を探すために

私は生まれたばかりの下の子を抱えて、何度も学校へ走りましたよ。

 

結局、その年は息子はほとんど恐怖で教室へ入ることができませんでした。

おかん
おかん
いいえ、でもいいんですそれで。

生きていかなければいけないんですから。

私も息子も・・・

 

そんな人間もいるんだなぁっていう学びを

息子へ与えることができた一年でした。

 

子供相手に感情的に怒鳴り散らすあの先生もまた、

何らかのハンディキャップを抱えていらっしゃるのかもしれないと思って。

配慮の意味も込め、先生には頑張って下さった敬意を表したいと思うのです。

 

あの頃は、あまりにも日本人に知識がなさすぎて

保健士さんや学校の先生たちも、発達障害だと打ち明けられても

何をどう話を進めて良いのかわからないようでした。

『妊娠中にお母様の精神状態が悪かったのですか?』

『胎教に悪い環境だったのですか?喫煙?飲酒?』

なんて質問をされていたのを今でも忘れられません。

みんな悪気はないのです。

 

真剣に聞かなきゃいけないと思っているんですよ。

私もそんなこと聞かれるの?なんて動揺しながらも、きちんと答えなければいけないと思っていました。

『思い当たる節が全くないんです。すみません』なんて

発達障害児を産んでしまったことは悪いことなんだって意識が勝手にありまして。

なんだかいつもヘコへコ謝ってしまってました。

そんな私の態度が、結局は息子を守れていなかったのかもしれないな。

なんて今となっては思う。

周囲に対して偉そうにするのはおかしいけれど

怒るときは怒る

そういうことができないと、人は大事なモノを守れない気がするんですよ。

そのせいで、必要のない苦労を息子へたくさんかけてしまったんだと今は、思います。

 

そして中でも私が一番堪えがたかったのは、

 

自分の親が信じてくれないこと。

 

私の両親です。

息子の祖父母ですね。

孫を病気呼ばわりした人間を彼らは絶対に許しませんでした!

それは例え実の娘でも。

『お前の育て方が悪いんだ!そんな病気あるわけがない!!』

『そんな意味不明な病気があるとすれば、お前が病気』

自分たちが育てた娘が苦しんでいるのにも関わらず、そんな言葉しか発せないのだから。

この人たちの子育てって何だったんだろう・・・

かわいそうですね。

 

けれど、なぜ私たちがこんなに世間から叩かれたり、

心無い言葉を頂戴しなければならなかったのか?

それは発達障害児には、知的な遅れがほぼ無いからなんでしょう。

見た目はごくごく普通なんですよね。

普通に話せるし、生活できるし、運動だって普通にできる場合が多い。

『この子、発達の問題があるんですよ』

なんて言ったところでみんなポカーン

ですよね。

被害者的な表現をたくさんしてしまったかもしれませんが

 

あの頃、私の説明の仕方にも問題があったんでしょう。

 

日本国民に備わってない知識なんですから。

 

私だって、訳わかってなかったんですよ。

 

『自分の子供を障害児って言うなんて最低な親』

 

なんて言葉を…あの頃はたびたび耳にしていました。

 

そんな表現をされてしまうのが普通だと思っていた。

 

でも最近は、

そんなこと言う人には出会わない。

 

喜んで下さい。

 

この10年で、日本人の意識はここまで進化している!

 

 



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事一覧

発達障害児の高校留学

  1. 多動児の人生

    暴れたいなら暴れさせろ
  2. 多動児の人生

    『こんなの病気じゃない』と発達障害児へ平気で怒鳴りつける指導者が、あの頃は本当に…
  3. 多動児の人生

    一般人としての表現は苦手なくせに、特殊な表現は天才的な発達障害の子供たち
  4. 多動児の人生

    留学へのチャンスをもぎ取っていく発達障害児、ついに出発。
  5. 多動児の人生

    親が発達障害を認めてくれなくて死にたくなるかもしれませんが大丈夫です。幸せになり…
PAGE TOP