今でも忘れられない辛い言葉は

 

 

『犯罪者予備軍』だと言われたこと。

 

 

さすがに人の子供にそんな言葉を言い放つなんて驚きだけど

 

 

息子はよっぽど酷い破壊児だったのでしょう。

 

 

それは入学した小学校で縁があった保護者。

 

異常行動が絶えない多動児ですからね

 

様々なお叱り、時には心無いもの、

 

たくさんのお言葉を頂きました。

 

 

それでもその言葉だけは忘れられないのだ。

 

息子の異常行動というのは、とにかく多動

 

情緒不安定。



慣れない環境ではとにかくパニック状態

 

 

授業中はもちろん座っていられない。

 

多大なご迷惑をおかけしているのは重々承知。

 

周囲の方にお願いしたかったのは、そんな息子の行動に対して、

 

基本、知らんぷりで通して欲しかった…

 

 

おかん
無理に座らせようとせず

そっとしてくれていればいいんです。

そうすれば、そのうち落ち着くのに…

 

しかし

そんな多動児に対して

 

『ちゃんとしなさい!』

 

なんて…指摘してしまう正義感の強いお子さんが

 

クラスに1人や2人いるのである。

 

そんな子供たちに注意されでもしたら、余計にパニック。

 

まさに

多動児がクラスにいますあるある

 

 

そのパニックに陥った流れで、友達に手をあげることもありました。

暴力がでてくる。

 

 

それが一番問題なんですよね。

 

『どんな大人になるのか想像したらゾッとする』

 

 

息子に犯罪者予備軍と名付けたその方は、そう言い放ったわけです。

 

それは正義感の強い立派なご子息を持つお母様。

 

当たり前ですけどね。

 

それでもそんな酷い言葉に

 

悔しさやら悲しみやら

 

とにかく色んな感情が沸き上がりました。

 

しかし似たようなエピソードは記憶に残らないほど無数にある。



発達障害児を育てていると、形は違っていても何だかんだと辛い日々の積み重ね。

 

辛い。

 

もちろん悲しい。

冷酷非道な人たちに虐められている可哀そうな私・・・と

自分は悲劇のヒロインだと信じて疑わない時期もあった。

でも

ある時を境に、私は考え方を変えてみることにした。
 

不意に思った。

 

『この子をちゃんと育てよう!』

 

なんて強く誓えたのは
 

 

心がズタボロになりながらも私が何とか頑張れたのは

それは間違いなく

数々の心無い言葉を受けたお陰ではなかろうか?

 

それが原点だと気がついた。

 

おかん
そりゃ・・・誰でも怖いよね、小学校入学って。

子供だけでなく、保護者にとっても未知の世界。

不安だらけ。

子供に何かあったらどうしよう、この子が傷つけられたらどうしようって、私の大事なこの子を守らなきゃって…

思うよね。

きっと。

 

・入学式から暴れまわってて、注意したら暴力を振るうクラスメートがいる。

・しかも知的な遅れがないから、見た目はごくごく普通。

・病気なんですって言われたところで、あまりピンとこない。

 

 

そりゃ思う、

 

なんなんだあの子は!って…

 

 

『犯罪者予備軍』

 

 

もし私があの人だったら、同じように考えたのかもしれない。

 

 

我が子を愛しているんですから。

 

あの母親も我が子を愛していた。

 

 

ただただ、それだけの話。

 

 

・・・あれから10年。

 

けっきょく支援学級のなかったその学校では無理があったので、私たちは引っ越しをしてしまったけれど。

 

 

今でも何があろうとも、私は子育てを頑張っている。

 

 

私達を排除しようと頑張っていた

 

あの人たちのお陰としか言いようがない。

 

 

私に色んなことを考えるチャンスをくれて

それが私の学びに繋がった。

 

悔しさと共に、感謝の念があるのも本当の話。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
クリック協力にほんブログ村

スポンサーリンク
障害者の求人ラインナップ

障害者求人特集

おけいこ
にほんブログ村