多動児の人生

留学へのチャンスをもぎ取っていく発達障害児、ついに出発。

英語にのめり込んだ発達障害児

留学したいというワードを息子の口から聞くようになったのは、

彼が中学生になった頃。

 

親からすると、わりと想定の範囲内だったかも

 

成績が残念でも特技を活かして生きていくための選択肢なんて、

考えれば結構出てくるもので。

親なりにも何通りかの未来予想図はあって、

その中に海外留学という進路も、もちろんあったかも、という感じ。

 

海外に行って欲しい!とまでは考えていなかったけど。

 

だって費用もかかるし簡単なことではないし…

 

でも、恐らく奴には日本は狭すぎる

 

育てている私には、どうしてもそう見えてしまっていた。

 

どう頑張っても一般的な枠にハマってくれない、個性的で自由奔放な息子。

 

そのうち海外なんて言い出すのでは?

そう考えてはいたかな。

 

英語は幼いころに習わせていたけれど、

親にやらされている勉強 感を強く持ちすぎて、一旦は嫌いになって辞めてしまっていた。

 

けど高学年くらいになると、学校の授業でも英語が本格的にスタート。

その頃に、自分のリスニング能力が周囲よりも長けていることに気付きはじめたようで

今までにない優越感があったらしい。

彼はその後、どんどん英会話にのめり込んでいくことになる。

留学への執念

 

英語をもっと話せるようになりたい。

そんな思いが大きく膨らみ始めたころ、ついに言い出したソレは

至ってシンプルに囃し立ててきた。

Musuko
Musuko
海外いく~!

留学 留学~!!




 
 

突拍子のないことをサラリと人の顔色なんて伺わず

言葉にしてしまう発達障害児。

心に宿った想いを簡単に発するのはいつものことだけど。

順序立てて、こちらの様子を伺いながら懇願する術とか持ってほしい親としては

 

おかん
おかん
アホか!




 

とりあえず突き放す。

ただの思いつきだろ?という願いを込めて。

 

けれど何の迷いもない彼の訴えが

執拗に周囲を攻め立てていく日々が始まる。

短期留学でアメリカへ

 

中学2年生の冬休み、アメリカへ1週間の短期留学に出発。

 

めっちゃ反対をしていたけど、とりあえず一回行ってみたら納得するのかな?

なんて…そんな単純な計画で。

それにしても、わざわざお金を使ってまでアメリカ行かす!?

という話題で持ちきりではあったけど、めちゃくちゃ腹立つことを言われたことがきっかけ。

 

Musuko
Musuko
子供の可能性を潰す

しょーもない親!



 
じゃあ行ってみろ。

行きやがれ。

おかん
おかん
 

そんな流れになりました。

 

どうせすぐに諦めるでしょ。

ひらめいて始めて、飽きたら辞めてをさんざん見てきたから。

とにかく海外に一回行って帰ってきたら、真剣に現実的な進路を考え始めてくれるかな?

なんて期待を秘め、成田空港から息子を見送ったあの瞬間。

 

やっぱり奴は懲りないな…なんて、私は腹をくくったのかもしれない。

 

バイバーイと嬉しそうに手を振り、何の迷いもなく、

こちらを振り向きもせず搭乗口へ向かった後ろ姿を見て、

そんな予感しかなかったかもしれない。

 

『多動の子って、お母さんいなくっても平気なんやね。』

昔、そんなことを言う人がいたのを思い出した。

 

『多動の子って、お母さんが見えなくなっても平気でどんどん前へ進んでいく。』

 

なんて言ってたけど、ほんまやね。

 

今更ながら納得!

 

長期留学でマレーシアへ

そして中学3年の夏

息子はマレーシアの学校へ正式に転校することになった。

 

アメリカで更なる刺激を受けた彼は、帰国したあとも、やはり海外への進路を諦めず。

他の国も見てみたいという意思を持つ。

まぁそうなれば親としても、長期での留学を視野に入れるとなると、費用面やら何やら慎重になり

欧米と比べると、約半分の費用で留学できる東南アジアへと目を向けることになった。

 

まずは短期でマレーシアへ向かった彼は、あたたかい国民性にテンションが上がり

親としてはかなり嬉しいお手軽な費用にテンションが上がり

 

まさかの留学へむけての進路が実現しようとしていく。

 

とんとん拍子で開けていくその道筋は、

まるで彼のために待ってくれていたもののように思えた。

 

チャンスは自分で掴みとるもの。

よく聞く言葉だけれど容易ではない。

 

ただただ、本能でもぎ取った

そんな瞬間を私は目撃したような気がする。

 

 

 

 

東南アジア高校留学

 

現在の様子↑

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事一覧

発達障害児の高校留学

  1. 多動児の人生

    多動児の薬 問題
  2. 多動児の人生

    親が発達障害を認めてくれなくて死にたくなるかもしれませんが大丈夫です。幸せになり…
  3. 多動児の人生

    『犯罪者予備軍』なんて酷い言葉のお陰で私たちは頑張れた
  4. 多動児の人生

    暴れたいなら暴れさせろ
  5. 多動児の人生

    発達障害を理解して貰えないストレスなんて、愉快な妄想さえあれば吹っ飛びます。
PAGE TOP