多動児の人生

発達障害児の人生はどうなっていくのか子育てブログと共に検証

  1. 暴れたいなら暴れさせろ

    多動児の特徴うちの息子は破壊的な多動児だった。四六時中、動き回っている人。そして興奮のスイッチが入れば暴れる人。…

  2. 多動児の薬 問題

    多動を抑える薬の服用うちの息子は破壊的な多動児だった。何が問題点かというと、やはり落ち着きがないというだけではなく興奮のスイッチが入ると、自…

  3. 留学へのチャンスをもぎ取っていく発達障害児、ついに出発。

    英語にのめり込んだ発達障害児留学したいというワードを息子の口から聞くようになったのは、彼が中学生になった頃。親からす…

  4. お勉強は残念でも耳だけは良かった発達障害児、海外へ

    お勉強は天才タイプではなく残念タイプだったたとえば息子は、学習面がとてつもなく大変なことになっていて。発達障害児の中には…

  5. 親が発達障害を認めてくれなくて死にたくなるかもしれませんが大丈夫です。幸せになりましょう。

    発達障害の理解については、本当に難しい課題がたくさんありますね。その中でも他人からの理解を得られないという試練は、定番中の定番ですけ…

  6. 発達障害への理解を得るのは難しいですが、理解を得るのを諦めても良いでしょう。

    発達障害者への理解のお話ですが生きずらさを知って欲しい、わかって欲しい等世間へお願いしたいことが、それはそれは山ほどある訳ですが…

  7. 発達障害を理解して貰えないストレスなんて、愉快な妄想さえあれば吹っ飛びます。

    生きづらさを理解して欲しい発達障害者の方が世間に望んでいること。ただただ、シンプルに。心の底から発信…

  8. 『こんなの病気じゃない』と発達障害児へ平気で怒鳴りつける指導者が、あの頃は本当にいました。

    ここ近年のはなしだけれど発達障害児などのハンディキャップを抱えている人へ対しての配慮が囁かれてきています。テレビなんかで特集…

  9. 一般人としての表現は苦手なくせに、特殊な表現は天才的な発達障害の子供たち

    発達障害といえば、天才児の宝庫とも言える。そう私が思うのは、いつも発達外来での待合室。たくさんの発達障害…

  10. 『犯罪者予備軍』なんて酷い言葉のお陰で私たちは頑張れた

    今でも忘れられない辛い言葉は『犯罪者予備軍』だと言われたこと。さすがに人の子供にそんな言葉を言い放つなん…

  1. 多動児の人生

    留学へのチャンスをもぎ取っていく発達障害児、ついに出発。
  2. 多動児の人生

    親が発達障害を認めてくれなくて死にたくなるかもしれませんが大丈夫です。幸せになり…
  3. 多動児の人生

    『こんなの病気じゃない』と発達障害児へ平気で怒鳴りつける指導者が、あの頃は本当に…
  4. 多動児の人生

    多動児の薬 問題
  5. 多動児の人生

    発達障害への理解を得るのは難しいですが、理解を得るのを諦めても良いでしょう。
PAGE TOP